頭痛を治そう

TOPICS

原因から防ぐ

ドクター

慢性的に頭痛がするという人は原因について把握して治すことが大切です。慢性的に痛む頭痛はストレスや疲れが原因の恐れがあります。それによっておきる頭痛には2つの種類があります。

頭痛治療情報

痛みは無視しない

先生

軽い痛みが身体に起きて休むという人はあまりいません。実際、頭痛や腹痛を感じて仕事など生活に影響が出る人はたくさんいますが、その痛みを訴えて仕事や家事を休むという人はほとんどいないことが調査でも明らかになっています。特に日本人は肩こりが多く、それによって頭痛を起こす人が多いと言われていますが、対策のために薬を飲む人もいます。痛みは我慢することもできますが、これは確実に身体に起こっていてストレスになるものでもあるので、無視し続けることはあまり良いことだとはいえません。また、頭痛によって登校拒否になってしまう児童も数多く存在しており、学業に影響が出ていることは否めません。仕事を休む人はあまりいないとはいえ、頭痛が無い時の生産性に比べるとやはり頭痛は治すべきということがいえます。

頭痛を治す方法には、まずは頭痛の種類を見極める必要があります。肩こりによって頭に痛みが起きてるのだとすれば、頭痛薬だけでなく肩の凝りをほぐすことも重要な取り組みになります。症状には偏頭痛や緊張性頭痛、混合型頭痛、群発頭痛などがあります。群発頭痛はまれなタイプだといえますが、これは内頚動脈が炎症を起こすことで起きるタイプです。動脈が炎症を起こすと心配ですが、直ちに血栓などで梗塞を起こすというものでもないので安心してください。しかし痛みはとても激しくなるので、直ちに専門医を受診することが重要です。その他の症状は疲労や肩こりで起こることもありますが、心理的な影響も無視することはできません。

神経内科や脳神経外科、メンタルヘルスクリニックでは頭痛外来を設けている場所もあります。頭痛の原因は一つではないため、総合的に一人一人の状況に対応した治療を行なってくれます。頭痛を放置せず、確実に治すための手助けをしてくれるので頼りましょう。一方で自分で生活習慣を整えることもとても大事です。早寝早起きを心掛け、ストレスを感じるものから身を遠ざける方法を身に付けることが大事です。専門医ではうつ病など頭痛によって隠された症状が無いかどうかも見極めてくれるので安心です。

注目情報!

元気

頭痛を防ぐ

頭痛はセロトニンの影響で起きることがあります。そのため、前もってその物質が増加することを防ぐことで予防することも可能です。頭痛を治すためにも脳のメカニズムについて把握することが大切です。

応援

真剣に考える

偏頭痛や緊張性頭痛に悩んでいる人でも、真剣に治すことを考えない人は多いです。これは社会的な背景で「頭が痛いだけで仕事を休むのはありえない」という考えが蔓延しているせいです。

治療

薬は飲み過ぎない

頭痛は薬を飲むことで治すことができると一般的には認識されています。しかし、医師の指導なしに使用量も確認せず服薬をするのは危険です。さらなる痛みを生んでしまう場合もあるので気をつけましょう。

女性

治療をする場所

効率的に頭痛を治すためには専門家の助けが必要です。神経内科や頭痛外来の医師であれば、隠された病気にも気づくことができるからです。うつ病も痛みを生じさせる要因にもなるので気をつけたいものです。