頭痛を治そう

原因から防ぐ

ドクター

毎日の生活を送る上で、日々の体調をよく整えたいという人もたくさんいます。最近では体調を整えるため、健康的な食生活にこだわりを持つ人も少なくありません。規則正しい食生活を続けることで健康維持の効果を得ることはできるはずです。ただ、いくら健康維持をしていても慢性的にどこかが痛むこともあります。特に頭痛が慢性的に続くと日々の生活を阻害する恐れがあります。この症状を治すためには、原因を把握することが大切です。

慢性的に痛む頭痛にはストレスや疲労を溜め込むことが原因かもしれません。ストレスや疲れというのは毎日家事や仕事を行うと溜まってくるものです。それが小さいものでも、日々どこかで感じたストレスがが長い間溜まってくると体に変化を及ぼすのです。その変化の一つが頭痛です。頭痛は気温の変化や気圧の激しい上昇や低下によってもおきます。ただ、それらの頭痛は比較的、短期間しか症状が続かず根本的に治すことも可能です。しかし、ストレスや疲れの頭痛は一時的に治すことはできても、根治するためには時間がかかる可能性があります。このような原因を取り除くと比較的高い回復が期待できます。

ストレスや疲れが原因で起きる頭痛には緊張型頭痛もあります。この頭痛は仕事や家庭で緊張感ある環境に長時間いることで起きる頭痛です。人は緊張すると体の中で変化が起きます。その緊張がある程度続くと体に悪影響を与えることもあります。この緊張型頭痛とは、頭の一箇所が強く締まるように痛む特性があります。そのため、人によっては強い痛みを感じることもあります。また、頭の痛みと同時に肩こりが痛むこともあります。そのため、この頭痛も原因が分かりづらく人によっては原因が他のところにある場合があります。基本的に緊張型頭痛は同じ体勢になると発症しやすいといわれています。そのためデスクワークで長時間作業を行ったり、その間ずっと緊張が続いたりすると緊張型頭痛になります。また同じ体勢が続くと筋肉が緊張するため体にある血管の循環作用が効果せず、血行不良が原因で起きるとも言われています。