頭痛を治そう

頭痛を防ぐ

元気

今やコミュニケーションの取り方が多様になってきました。そのこともあって、人と面と向かって話をするのが苦手だという人も少なくありません。コミュニケーションを取ることがストレスに感じる人もいるでしょう。また、コミュニケーションだけではなく、あらゆる仕事の要因からストレスを感じる人もいるでしょう。そのような時、体の中ではどのように脳が動いているか把握すると頭痛の原因や治す方法が見えてきます。脳の後ろにある、視覚野という部分には体全体の血液が通る血管が張り巡らせられています。この血管が拡大すると痛みになります。ただ、この血管が拡大するのにはわけがあります。血管が拡大するのにはセロトニンという物質が関わってきます。このセロトニンという物質は神経に関わる物質ですが、ストレスの量によって発生量が変わってきます。これが増えてくると、視覚野の血管が収縮と拡大を行います。そのため、この症状が続くと炎症し、それが更に血管の拡大を広めて偏頭痛のように慢性的な痛みにつながります。

血管の増体を防ぎ、頭痛を治すためには、セロトニンという物質がでないようストレスを受けにくくする必要があります。そもそも、ストレスや疲れを減らすことができれば、慢性的な頭痛の予防することが可能です。緊張型頭痛の場合、長時間デスクワークを行う時は、一時間に一回は体を動かすと予防することが可能です。ストレスや疲労を感じないためには、疲労感を蓄積させないことが大切です。ただ、職場や仕事がそうである以上、過ごす時間を減らすのは難しいでしょう。そのような時はストレスや疲れを感じたら、どこかで息抜きをすることが必要です。それでもストレスや疲れを感じるようなら、ゆっくり睡眠や食事を摂り休むことも大切です。偏頭痛や緊張型頭痛は大人だけではなく、受験を控えた学生にもよくおきます。偏頭痛や緊張型頭痛が始まる前に予防することが重要です。そのためにも、自分の心と体を落ち着けることが大事になります。それでも頭痛や緊張型頭痛が起きた時は専門の治療院で治すと良いでしょう。