頭痛を治そう

薬は飲み過ぎない

治療

薬を用いて治す取り組みをすることが多くなる偏頭痛や緊張性頭痛ですが、服薬には慎重な態度をとるべきです。ストレスによって生じている頭痛には抗うつ剤などを用いる場合もありますが、抗うつ剤は効果も高い効果をもたらすものですが、同時に副作用も多くなってきます。そのため長期に渡って服用することは避けなければならない薬です。ストレスが原因になっているならストレスの除去や精神療法によってストレス耐性を上げていくことが重要です。頭痛を治すために薬剤を使用しすぎて頭痛が逆におさまらなくなる症状に悩む人もいるため、服薬をする時は必ず医師とともに服薬指導を受けながら効率よく治す必要があります。薬物乱用頭痛になってしまわない程度に薬を利用することはもちろん有効です。

頭痛を治す時、多くの人が病院には通わずに市販の頭痛薬で治すことを好むといわれています。日本では頭痛に関する考え方が海外各国よりは意識が低いとされているので、頭痛でわざわざ病院に通う人は少ないです。軽度の痛みであればすぐに治ってしまうので薬を乱用することは少ないですが、危険なのは重度や中程度の痛みを抱えている人です。薬には服薬の条件というものがあり、一日の使用量が決められています。ひどい痛みになってくるとついつい治すために飲み過ぎてしまうのです。それほど強い痛みがあるのであれば、頭痛外来がある医師に頼って詳しく調べてもらうべきです。

薬を飲むことで血管を拡張したりして対処できますが、それ以外にも磁気刺激治療という治療方法を使って薬を使わない頭痛治療ができるようになっています。緊張性頭痛はセロトニンが増加しているため脳や血管に炎症が起こって発症するものです。セロトニンを分泌するのは脳の後方ですが、磁気治療ではこの部分に時期を当てることでセロトニンの分泌を抑えてくれる効果があります。磁気治療を使えば薬を飲み過ぎることもありませんし、薬の副作用によってさらなる頭痛を招いたりすることも防げます。